読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

マサのまなゆいブログ

”受け入れ、認め、ゆるし、愛しています” それは分かち合い、喜び合いの世界への扉

【満員御礼】『ザまなゆいピクニック!@伊豆高原』の受付開始いたします!!

【満員御礼!ここからはキャンセル待ちの受付となります】


本当にありがたいことに、『ザまなゆいピクニック!@伊豆高原』に多くの方よりお申込み希望をいただいています。

そのため、大変恐縮ではございますが、ここからはキャンセル待ちの受付となります。


今回、お申込みいただいたにも関わらず、ご希望に添えなかった方には、ザまなゆいピクニック!第二弾のご案内を優先的にさせていただくなど、何かお届けできればと考えています。


たくさんの方のお申込み、本当に本当にありがとうございます。


=      =       =


皆さんこんばんは。

 

まなゆいインストラクターのマサです^^

 

☆新春スペシャル☆

『ザまなゆいピクニック!@伊豆高原

 

いよいよ受付開始しまーす!(^-^)

 

『3秒でハッピーになる名言セラピー』や『あした死ぬかもよ?』

『世界一ふざけた夢の叶え方』など、

多数のベストセラーをもつ作家であるひすいこたろうさんと、

まなゆいインストラクターのマサがナビゲーターとしてお届けする、

 

『ザまなゆいピクニック!』

 

 

◆『ザまなゆいピクニック!』とは?

 

小玉泰子さんが受け取った

内なる叡智とつながる

言霊メソッドまなゆい。

 

ネガティヴな感情のモヤモヤを世界最速ではらい、

ほんとうの気持ちに寄り添って

本心を清々しく生きられるようになるメソッドです。

 

このまなゆいの世界観を

最高の場所で

ピクニック的に

深めようというのが

『ザまなゆいピクニック!』です。

 

まずは、ひすいこたろうさんからの

メッセージが届いてるのでお読みください。

 

 

ーーーーーー

 

今年、僕はこのまなゆいに出会い、

あまりにシンプルで美しいメソッドぶりに

ノーベル平和賞をあげたいくらいに感動したんですね。

 

で、ぜひみんなにもまなゆいを伝えたいと

8ヶ月かけて計16日間の合宿で学ぶ

まなゆいインストラクター講座にも通ったほどなんですね。

 通う際に、僕は10年来の盟友のマサさんを誘いました。

彼は存在そのものがまなゆい的だと感じてたので、

まなゆいでさらなる彼の才能が開花するって感じたからです。

 

その想像は見事に当たり、マサさんのまなゆいは、優しく深く、

あなたの本心にそっと寄り添ってくれます。

 

 

そんなこんなで、

2017年は、マサさんと

ザまなゆいピクニック!

を不定期でやっていこうということになりました。

 

ザまなゆいピクニック!

とは、

まなゆいのメソッドを学び、

世界観を深めることに加えて

 そこにひすいが夢を叶えてきたエッセンス

『世界一ふざけた夢の叶え方』

通称セカフザスタイルをまるまる取り入れます。

 

それを最高の場所で、

おいしいものを食べながら

ピクニック的にやっちゃおう、

というものです。

 

まなゆい+セカフザ+ピクニック+おいしい!=ザまなゆいピクニック!

 

です。

 

セカフザは『ザ』として

超短縮されたかわりに冠に(笑)。

おいしい!が最後の『!』に^o^

 

ザまなゆいピクニック!

裏テーマはニューファミリーです。

まなゆいをいつでもどこでも

し合える仲間こそ新しい家族の絆

ニューファミリー。

そして、そんな仲間こそ

この宇宙最高最大の財産だと僕らは思ってるんです。

 

そんなニューファミリー(仲間)を

最高の空間(場所)と

最高の時間

を共有することで

生み出していこうと考えてます。

 

最高の場所で

最高の仲間をつくろうよ

おいしいものを食べながらさ。

というわけです。

 

『まつり』とは、『ま』をつなぐこと。

時間

空間

仲間

この3つの『間』(ま)をつなぐことこそ

真の祭りです。

『間』をつなぐから、僕らは『人間』なんです。

『間』(あいだ)にあるものこそ『愛だ』

 

ザまなゆいピクニック!

は空間とひとつになるピクニックでもあるので

どこでやるか、場所にもこだわっていきますが、

第一弾はマサさんと満場一致で伊豆高原に決まりました。

満場一致といっても僕ら2名ですけどね(笑)

 

僕らがまなゆいを学んだ原点の地

伊豆高原のサロンラピスさんで行います。

ここは、もう、まなゆいの『場』ができているので最短で

まなゆいの本質をつかんでいただけると思います。

 

僕らにとっての

まなゆいサンクチュアリ(聖域)なわけです。

 

オーナーの梅田和江さんがまた素晴らしい愛の人なのね。

和さんをみんなに紹介したいってのもあります。

でも、宿泊できるのは最大7名になるので、

今回の募集は7名限定になっちゃうのですが、それでも、

どうしても1回目はサロンラピスさんでやりたかったんですね。

 

マサさんのまなゆい個人セッションがピクニック前と後で計2回つきます。

マサさんは、存在そのものがまなゆい的な愛の人なので、このセッションだけでも

解放が起きることでしょう。楽しみにしてくださいね^o^

 

まなゆいは、全国で講座をやってるので、

今回都合が合わない方も下記サイトをチェックして一度足を運んでください。一生の財産になります。

http://www.manayui.com

各インストラクターの個性を思い切り活かしてやってるからいろいろまわるとなお深まりますよ。

 

というわけで

ザまなゆいピクニック!

第一弾は@伊豆高原です。

 

 

ーーーーーー

(ひすいさんのメッセージここまで)

 

 

◆『ザまなゆいピクニック!@伊豆高原』の詳細

 

【日時】

  2017年1月7日(土)~8日(日)

 

【場所】

  伊豆高原

 

【集合場所/時間】

  伊豆高原駅/12時

  ※詳細はあらためてご連絡します

 

【募集人数】

  7名

 

【料金】

  88,000円

 (宿泊費・2日間の食事代込み)

 

【申込先】

お申し込みはこちらまで↓↓

  tangemasapple@gmail.com

 

お申し込みの際は下記のご記入お願いいたします。


1)お名前

2)携帯電話

        ※当日のご連絡など取れるようにするため

3)お住まい

4)参加動機

5)なにかひとことあればぜひ^ ^

  

【お申し込み特典】

お申し込みいただいた方には、以下の

特典をプレゼントいたします!

 

特典①

☆まなゆいのエッセンスが5分でわかるPDFファイルをプレゼント☆

 

現在、まなゆいの創始者である小玉泰子さんと、ひすいさんがまなゆいの本を書いてくれています。

その本を書き進めるにあたってまとめられたのが、このPDFファイルです。

まなゆいは、その場の空間やまなゆいさんの在り方などが重要ではありますが、

やり方自体はすごくシンプルなので、このPDFファイルを読むだけでも

まなゆいに対する理解が深まっていくこと間違いなしです^^

  

特典②  

☆マサのまなゆい個人セッション(2回分)をプレゼント☆

 

ザまなゆいピクニック!に申込みいただいた方にセッション2回分をプレゼントいたします。

ピクニックは準備の段階から始まっている!

ということで、ピクニック前・後でまなゆいセッションを行い、ビフォーアフターを感じていただけたらと思います^^

 

まなゆいセッションってどんな感じなの?

と思う方もいらっしゃるかと思いますので、

以下のリンクにセッションでいただいたご感想の一部をご紹介しています。

 

まなゆいセッションを受けてくださった方からいただくご感想は、

本当にありがたくて嬉しくてたまらないんです。

 

「大きな安心感があり温かい気持ちになれました」

 

「声や受け取り方も、ほんとに何でも話したくなりました。ほんとに応援して下さってる感が伝わってきました。」

 

「そのまんま、宇宙に受け取られたような感じで、とても大きなエネルギーにそのまま吸い込まれていきました」

  

など、本当にありがたいお言葉の数々…

セッションをとおしてご縁をいただき、こうしたお言葉をいただき、

本当に感謝してもしきれないほどです。

   

こちらも読んでいただけると嬉しいです^^

   

http://masapple22.hatenablog.com/entry/2016/12/04/201838

 

特典③

☆ザまなゆいピクニック!参加者限定イベントとしてお花見会を開催☆

 

ザまなゆいピクニック!にご参加いただいた方限定で、桜の咲く頃に

お花見に行きたいと思います^^

日程は2017年4月2日(日)、場所は都内を予定しています。

日本には『予祝』という言葉があり、それはまさに望む自分や世界を描き、

予めお祝いすることなんですが、共に過ごした仲間と共に、

この『予祝』を行えたらと思います。

    

 

ーーーーーー

 

あらためまして、マサです。

 

ここまで読んでいただきありがとうございます。

最後にぼくからもメッセージをお伝えさせてください。

 

 

まなゆいインストラクター講座は8ヶ月間、月に1回集まって一泊2日の合宿形式で行われました。

 

この8ヶ月間はまなゆいの奥深さを感じ、仲間との絆を深める素晴らしい時間でした。

 

まなゆいインストラクター講座を学んでいる期間、ぼくはある夢を見たんです。

 

それは、まなゆいインストラクター仲間と一緒にピクニックをしているという夢でした。

 

実はこの夢を見たのは5回目のインストラクター講座に行く前の日のことで、

 

まるで遠足前日の子供のように(笑)、寝る前からワクワクしてしまうほど、

インストラクター仲間に会えるのが楽しみで仕方なかったんです。

 

そんな気持ちで迎えた翌日のインストラクター講座。

 

その日はとてもよく晴れていて外に出掛けるには最高の天気。

 

講座中、ひょんなことから伊豆高原にある湖の話になり、

 

「今日は天気がいいからそこに行って講座をしよう!」

 

という話になり、みんなで湖に向かいました。

 

そして、湖についてみんなで湖畔を歩いている時、ぼくはハッとしました。

 

 

その時、ぼくの目の前に広がっている風景は、ぼくが前日に見た夢と全くおんなじ風景だったんです。

 

前日に見た夢は正夢だった…!

 

 

仲間と一緒に湖畔で過ごす時間はゆったりと穏やかなものでありながら、

 

みんなとこの時間を分かち合っていることに喜びを感じ、心がワクワク

躍っているような感覚で、

 

それはまさに、『まなゆいピクニック』そのものでした。

 

 

◆     ◆    ◆

 

 

まなゆいインストラクターコースを受けるきっかけをくれたのはひすいさん。

 

「マサも一緒に学ぼうぜ」と言ってくれて、もともとまなゆい自体に興味があったし、

何よりひすいさんと一緒に学べるってすごくありがたくて嬉しかった。

 

10年前、ひすいさんの名言セラピーと出逢い、ぼくの人生は大きく変わりました。

 

当時のぼくにとっては1冊の本に1000円以上かかるのは高いなーと

正直思ってしまったんですが(笑)、

この1冊のおかげで世界に対する見方が変わったんです。

 

そして、その時の名言セラピーを買うという行動が回り回って、

いまこうしてまなゆいに繋がり、

すごくすごく大切な仲間と出逢えました。

 

 

もし僕がめちゃくちゃ明るい人間で「毎日ハッピー♪」っていう感じのヒトだったら、

きっとあの時本を買うって選択はしなかったと思います。

 

 

悩んで悩んでどうしたらよいか分からなくて知りたくて出会った本、

それが名言セラピー。

 

 

ぼくは、悩んできて本当によかった。

悩んで悩んで悩んだその先に待っていたのはかけがえのない仲間の存在でした。

 

 

◆    ◆    ◆

 

 

ひすいさんが言ってくれたように、『ザまなゆいピクニック!』でぼくたちは、

まなゆいをいつでもどこでもし合える仲間であり新しい家族の絆、

ニューファミリーを一緒に築いていきたいと思っています。

まなゆいが、みんなにとっていつでも帰ってこれる場所、

みんなにとっての『ホーム』のようになったらいいなぁって。

 

旅を楽しめるのって、帰れる場所があるから、

安心できる場所があるからだと思うんです。

そこから外に出ることで、自分のホームの素晴らしさにも気付いていく。

 

まなゆいピクニックで出会った人の日常にまなゆいが寄り添ってくれる、

そんな日々が当たり前になり、日常とまなゆいの空間、それらの境界線が

いい意味で曖昧になっていく。

 

まなゆい仲間と一緒にいる時はもちろんまなゆいの感覚、

そしてその時間を仲間と共有することで、日常もまなゆいの感覚でいれるようになる。

 

そしたら自然と自分自身にも優しくなり、その自分でいることで、

家族や周りにいる人たちと響き合っていく。

 

そうやって一人一人の内側にある優しさや穏やかさがじんわりと溢れてきて、

この世界の優しさに気付いていける。

 

 

あの日、ぼくが夢に見たまなゆい仲間とのピクニックの風景。

それは、夢のままで終わらず、ぼくの目の前にたしかな現実として現れてくれました。

 

あの夢の続きを、今度は『ザまなゆいピクニック!』で出会った皆さんと共に見ていきたい。 

 

f:id:masapple22:20161204221739j:plain

 

2017年の始まりを、素晴らしい場所で素晴らしい仲間と素晴らしい時間を過ごし、

自分が望む世界に向けて旅立つ一歩を共に踏み出す。

 

そんなピクニックにあなたも一緒に出かけませんか?^^

 

皆さんとお逢いできることを楽しみにしています♪

 

お申し込みはこちらまで↓↓

  tangemasapple@gmail.com


※もしソールドアウトになり今回参加できなかった場合は、お申込みいただいた方を優先的に第二弾をご案内いたします。


マサ