読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

マサのまなゆいブログ

”受け入れ、認め、ゆるし、愛しています” それは分かち合い、喜び合いの世界への扉

パズルのピース

昨日、今日は伊豆高原でまなゆいインストラクター合宿でした。

 

まなゆいインストラクターみんなで、未来のビジョンを分かち合い、

具体的な行動や方針を決めていくための合宿。

 

一人の力で持ち上げられるものを、全員で持ち上げるのではなく、

一人一人が最大限の力を発揮したうえで、新しいかたちを作っていく。

 

たくさんの気付きがありましたが、仲間のなかで必ず自分にしかできないこと、

一人一人に役割があるということを学ばせてもらったことはすごく大きかったです。

 

自分にしかできないことを自覚することは、自分の強みと弱みを知ることであり、

自分は「何を大切にできるのか」を自覚すること。

 

そして、仲間の強みと弱みを知ることで、自分一人ではできないことが、

仲間とならできることに繋がっていく。

 

また、たとえ自分にできなくても、仲間の強みを知っていれば、その強みを

必要としている人に紹介することができるため、お互いにとっての喜びになる。

 

仲間というのは、パズルのピースのようにそれぞれの強みと弱みを組み合わせて

みんなで一枚の絵、世界観を作っていく存在なんだということを感じた2日間でした。

 

こういうことを楽しく真剣に語り合い分かち合える仲間がいるって

本当にありがたいなぁ。

 

そんなわけで今日の一言まなゆい♪

「ぼくはまなゆいと出逢えて、インストラクター仲間と出逢えて本当に嬉しいなと感じている自分を受け入れ認めゆるし愛しています^^」

 

f:id:masapple22:20170206014437j:plain

 

=     =     =

 

 以前、やおきんの方がうまい棒について、

「特徴のある味が集まって集団となることで、『うまい棒』という全体をカバーしているわけです。そうやって『うまい棒』という商品を育ててきた。」

(参照記事:目には見えないもの - マサのまなゆいブログ

 

と言っていたのですが、

ぼくらまなゆいインストラクターも一人一人個性は違うけど、

個性が違うみんなが集まることで「まなゆい」全体をカバーしていき、

自分ができる範囲の最大限の力を発揮することで自ずと「まなゆい」を

育てていくことになるんだなぁと感じました。

 

ちなみに伊豆高原駅には限定のうまい棒が売っていることをインストラクター仲間が教えてくれたのですが、

油断して見逃してしまったので、次回は必ずいただきたいと思います!


ぼくの強み(というか、ぼくにとっての旨み?)はうまい棒なのかな(笑)


それにしても、パッケージに書いてある、『湯上りチーズ』という文字。

かなり気になります(笑)

 

f:id:masapple22:20170206020043j:plain

 

読んでくださりありがとうございました^^ 

 

 マサ