読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

マサのまなゆいブログ

”受け入れ、認め、ゆるし、愛しています” それは分かち合い、喜び合いの世界への扉

「YES」

共に学び合う仲間である関孝男さんこと、たかちゃん。

フェイスブックでまなゆいのこと、セッションのご感想をシェアしてくれました。



(以下、フェイスブックに投稿してくれた内容です)
=     =    =

「スゲーテ!」

「 ぼくは、悩んできて本当によかった。
  悩んで悩んで悩んだその先に待っていたのはかけがえの
  ない仲間の存在でした。」

マサさんこと
佐藤 正伸 (Masanobu Sato)さんの言葉。

詳しいブログはこちら

masapple22.hatenablog.com

悩みや辛いことに意味を感じられないことも多いけど

わざわざそういう役割を持って生まれて経験するとしたら…

それはやっぱり意味があるのかもしれない。

まなゆいは、
あえて私なりの言い方をすれば、

ジョン・レノンが出会うきっかけになった

オノ・ヨーコの作品みたいなもの。
はしごをのぼったその先に「YES」と書いてある。
そんな感覚。

マサさんの「まなゆい」セッションも以前体験して、
そこに魂を吹き込んでいるようにも感じました。

参考になるかもしれません。
マサさんに送った感想メールを

↓以下に転載します。↓

マサさん

先日はセッション頂き誠にありがとうございました!
貴重な時間になりました。

自分のあらゆる感情・感覚を許すことで
もとにつながるような感覚を持てました。

その先にある
自分の使命や
親への想いを何かはっきりわかったように感じます。

それは
嫌いでしかたなかった母に 幸せになってほしいこと
その先に
愛を与えられる人になりたい
その愛のエネルギーの循環をつくっていきたい

以上が内面のことですが
外面としては
炭焼を産業として 次世代のための誇り・自尊心・喜びを循環させていくこと。

まなゆいの持つ 大きなパワーを感じました。

100人まなゆいプロジェクトを応援しています。
多くの方に 自分とつながる実感を持つ機会になるものと思います。

セッション頂き ありがとうございました。

=      =      =

「まなゆいは、
あえて私なりの言い方をすれば、

ジョン・レノンが出会うきっかけになった

オノ・ヨーコの作品みたいなもの。
はしごをのぼったその先に「YES」と書いてある。
そんな感覚。」

こんなふうに感じてくれるたかちゃんの感覚、感性がすごい。

まなゆいセッションを受けてくださった時の感想もシェアしてくれて、ほんと、嬉しくてたまんないや。
ありがたい気持ちでいっぱいです。

たかちゃん、ありがとうございます(^-^)


=     =     =


まなゆいセッションにご興味がある方はお気軽にご連絡ください♪

ryomen-fair@hotmail.co.jp